作品作り~パーツの形に切る~

こんにちは、OTです。

時間が空いてしまいましたが…
久しぶりの作品づくりの工程紹介です!

今回は折り紙を貼り終わった台紙をパーツの形に切る工程です(*^_^*)

まずは、スタッフが赤で切り取る線を書きます。

線を書くことで、作業する人はどこを切ればよいのかわかりやすくなり、スタッフも「赤い線で切ってね」と伝えやすくなります。

以前紹介した『台紙の切り取り』とは異なり、今回の工程ではさらに細かい動作が必要になり、失敗すると修正ができないため、作業が丁寧で慎重な人に行ってもらいます。

線の上を綺麗に切るためには、左右の手の協調運動が必要になってきます。
協調運動とは、左右バラバラな動きを同時に行うことを言います。
この動作ができないと、必要な部分を切り落としてしまうことがあったり、パーツの中には細かいものもあるため、限られた人が行っています。

B氏が切ったものは、A氏のものと比べて曲線が角ばっており、なめらかではありません。
このような場合には修正を行ってもらいます。
他の人にお願いするときもあれば、細かいパーツで難しいと判断した時にはスタッフが行う時もあります。
他にも、道具を変えたり、環境を変えたり…

次はどの工程か考えてみてくださいね(^^♪

★求人のお知らせ★
常勤の作業療法士の募集
医療法人慈光会 東武丸山病院では、常勤作業療法士を募集しております。精神科領域にご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。
経験年数は問いません。新卒の方もぜひ見学に来てください。
<病院見学>
随時受け付けております。また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
【問い合わせ先】
医療法人慈光会 東武丸山病院
Tel:0480-42-0710
担当者:【事務】 酒巻
     【OT】 田村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です