作品づくり~パーツの組み立て~

こんにちは、OTです。

前回は台紙をパーツの形に切る工程を紹介しました。
今回は、切ったパーツを組み立てる工程です(*^_^*)

まずは、スタッフがパーツの重なる部分にマーカーで印をつけます。

印をつけることで患者さんは貼る場所やパーツ同士を合わせる場所が分かりやすくなり、スタッフは患者さんに「印を合わせて貼ってね」と指示が出しやすくなります。

このように印同士を合わせることで、ずれてしまうことなく組み立てができます。

細かいパーツも多く、組み立ての段階で失敗してしまうと修正が難しくなってしまうため、細かい作業が得意で指示理解が良好な人に行ってもらうようにしています。
しかし、必ず前述のような人がいるとは限らず、組み立てるパーツが多いこともあります。
その時にはスタッフが細かく介入を行い、作業を行ってもらいます。

これでお花が完成します!
このような手順で組み立てたものをいくつか作って、作品が完成していきます(*^-^*)

さて、作品づくりの工程も終盤に近付いてきました。
次にどの工程が来るか考えてみてくださいね☆

★求人のお知らせ★
常勤の作業療法士の募集
医療法人慈光会 東武丸山病院では、常勤作業療法士を募集しております。精神科領域にご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。
経験年数は問いません。新卒の方もぜひ見学に来てください。
<病院見学>
随時受け付けております。また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
【問い合わせ先】
医療法人慈光会 東武丸山病院
Tel:0480-42-0710
担当者:【事務】 酒巻
     【OT】 田村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です